技術情報

ホーム > 非破壊検査技術情報 > フェイズドアレイ

フェイズドアレイ

管材肉厚

従来の探傷法と同様にこの探傷法もERW溶接管製造工程に適応できます。

この場合フェイズドアレイは管材の肉厚測定をするために焦点を合わせ、走査されます。

検査エリアをカバーするためにダイナミックフォーカスと直線走査の技術が使用され、検査結果は溶接部のCスコープ・Bスコープの画像で評価・表示されます。

また肉厚寸法公差の検査も評価・表示されます。