技術情報

ホーム > 非破壊検査技術情報 > フェイズドアレイ

フェイズドアレイ

管材探傷

この装置はREW(電縫管)の溶接部探傷などに使用されます。装置はラインで管の溶接部を走査します。
管材が溶接機のヘッド位置にあるときと検査位置にある時では溶接部の周方向に位置がずれるが、この際位置がずれた時の変化にも対応できる走査が要求されます。
フェイズドアレイ技術を用いると、この追従走査が可能になります。

フェイズドアレイ装置では探触子を交換することなく、径と肉厚寸法の違う管材に適応する自動設定が可能です。
装置自体が溶接部の位置のずれに対応可能なので管材の温度が、安定する製造ライン上に設置できます。

以上述べてきたPhased Arrayの特徴を利用し以下の用途に対応しております。

  • ビーム走査により管材に対する角度が正確になる。
  • 溶接部に対してビームの焦点を合わせられる。
  • 直線走査によりビームが溶接部を横断するように走査できる。