ホーム > 製品一覧 > 超音波画像処理装置 > D-view

デスクトップ型超音波探傷映像化装置 D-view

  • 超音波画像処理装置
  • 自動車
  • 電子部品
  • ターゲット材
  • 新素材
  • 研究開発

D-view

材料内部を破壊せず映像を記録する方法としては、X線探傷と超音波探傷とがあります。弊社では超音波探傷と映像処理装置とを組み合わせた超音波探傷装置を開発しております。

超音波探傷映像化装置による応用範囲は、半導体内部のクラック検出や接着と剥離の弁別、ファインセラミックス、複合材料などの新素材のボイド、デラミネーション検出、あるいは航空機に使用される加工部品の最終検査や異種金属との接合面の検査などと非常に広くまた成果をあげております。

D-view(Desktop ultrasonic view-system)は、研究所やオフィスで簡単にセットアップができる省スペース設計のデスクトップ型超音波探傷映像化装置です。定評ある弊社SDSシリーズ高性能超音波スキャナの使い勝手、充実したデータ処理ソフトはそのまま受け継いでいますので、様々な分野の材料検査に適用可能です。もちろん弊社新開発の高周波対応超音波探傷器「HIS3」を搭載しています。

D-viewの構成

D-viewには水浸超音波探傷用の水槽のワーク上を走査する2軸のスキャナーと、探傷器本体として高周波超音波探傷器 HIS3によるパルス反射法できずを探知し、映像処理やスキャナのコントロールを行う工業用パソコンで構成されています。

Information

基本操作・探傷例

D-viewのスキャナーでは平面操作を基本として、垂直探傷・斜角探傷に対応しております。

きず'検査例 セラミック積層基板、IC内部の'きず'検査例
探傷動作 D-view探傷動作

製品情報

超音波探傷

フェイズドアレイ超音波探傷装置
超音波画像処理装置
超音波探傷装置・機器
超音波探触子

渦流・漏洩磁束探傷

渦流探傷装置
漏洩磁束探傷装置
製品一覧